夏!週末は山梨に・・・ん?
2011年夏 週末は山梨にいます ロゴ

山梨県の観光のキャッチフレーズ

富士の国山梨

週末は山梨にいます

基本コンセプト

四季の山梨を4枚のポスターにして、スペースがある施設さんは常時4枚。
貼るスペースがない施設さんは、季節にあわせて貼り替えます。

昨年は風景画像を背景に、特産品の画像を手前に置くスタイルでとても良かったと思います。

2011年夏 週末は山梨にいます ポスター

本年はどうやら、「人気(ひとけ)」を入れてお客様に、山梨でどんな体験ができるか、どんな人とというのを、イメージさせるスタイルのようです。

どうも、今度のポスターは響く物がないなと思い、毎日売店に貼っているポスターを見ているのですが、なぜか感情移入が出来ません、モデルにはパパ・ママ・お嬢ちゃんが写っています。

1、カラーの方が断然いい。白黒は現在進行形や未来でなく過去を感じさせる。
2、家族だけでなく高原など風景が一緒でないとイメージがわかない。
3、パパとお嬢ちゃんが重ね着、ママ長袖で、どことなく春先か秋を感じさせます
4、さらになぜか全員カメラ目線。

これだけ、そろうとさすがに、自分に置き換えるのは難しいです。

ファミリーの画像

この画像は、森林を歩いている同じような家族ですが、ママの顔が写っていない、子供はいるけど男の子か女の子かはっきりは判らない。(たぶん女の子だけどボンヤリさせている)
そして、すごく楽しそうなパパ、喜ぶパパと子供を見るママ。

旅行計画を立てる人が、パパでもママでも・・・

楽しい山梨の旅行を予測させる一枚。

前者は、完全によそのお家の話で、後者は自分に置き換え易いという違いかと思います。

モデルの子供が女の子なら、即男の子のいる家庭はアウト。
髪の短い奥さんのお家で、パパが旅行計画を立てる場合には、ロングヘアーのモデルさんというだけで、なんか違うお家だと感じてしまう。

チラシ1枚の写真選びも、すごく慎重にという例になるかと思います。


============================================
 甲府湯村温泉の源泉かけ流しのホテルなら湯村ホテルへ
              公式ホームページはこちら
              モバイルページはこちら
              無料資料請求はこちら
              24時間オンライン予約はこちら
              お気軽にお電話を 055-254-1111
              e-mailyumura-h@aurora.dti.ne.jp
============================================

▲PAGE TOP

最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS