山梨県立科学館 プラネタリウム二人の銀河鉄道
山梨県立科学館 二人の銀河鉄道

現在県立科学館で公開中のスペースシアター(プラネタリウム)「二人の銀河鉄道」

二人っていうのは、一人は宮沢賢治さんで、もう一人は親友の保阪嘉内さんのことです。


『銀河鉄道の夜』の成立には、賢治が盛岡高等農林学校在学時から親密な関係を築いた一年後輩にあたる保阪嘉内の影響が大きく関係していると考える研究者もおり、作品中の様々なモチーフに、20代の頃に賢治と嘉内とが二人で登山し夜を通して共に語り合った体験が色濃く反映され、登場人物の「ジョバンニ」を賢治自身とするなら、「カムパネルラ」は保阪嘉内をあらわしていると考える研究者もいる。ただし第4稿におけるカムパネルラのモデルは、賢治の死別した妹トシであるとする説がある。

ウィキペディア「保阪嘉内」より

※親密な関係ってところは、あまり深く追求しないのが大人と言うものです。

なぜ、これを山梨県の科学館で放映するかというと、保阪嘉内さんが山梨県の駒井村(現韮崎市)出身で、甲府中学校(現甲府第一高校)まで山梨にいらっしゃったからなんですね。
そして天文に非常に感心があった保阪さんが、南アルプスの上空を飛んだハレー彗星を、舞鶴城(甲府城)からスケッチし、それがまるで「夜行列車のようだった」と賢治さんにお話ししたのが、「銀貨鉄道の夜」のヒントになった・・・と。

なんともロマンチックな二人(おっと)


============================================
 甲府湯村温泉の源泉かけ流しのホテルなら湯村ホテルへ
              公式ホームページはこちら
              モバイルページはこちら
              無料資料請求はこちら
              24時間オンライン予約はこちら
              お気軽にお電話を 055-254-1111
              e-mailyumura-h@aurora.dti.ne.jp
============================================

▲PAGE TOP

最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS