甲州街道のんびり迂回路の旅 甲州市勝沼編
昨晩、山梨県内観光施設関係者の勉強会で情報交換したところ・・・

当初、大月IC〜勝沼IC(時間帯により一宮御坂IC)間の上下線通行止めによる、国道20号線の大渋滞が懸念されていましたが、事故当日や翌日は混雑したものの、現在では関西〜関東を走る輸送トラックの多くが、東名高速に流れたり、時間帯を大きく深夜早朝にズラしていること、また、連日中央線特急あずさ指定席が満席なのをみても判るように、ビジネスマンの皆様が電車に切り替えておられる様子で、国道20号線は平常時以上にスムーズに流れておるそうです。

ほっと致しました。

というわけで、「甲州街道のんびり迂回路の旅 甲州市勝沼」つづいて「甲州街道のんびり迂回路の旅 一宮御坂編」スタートです。

もう、ここまで来てしまえば、どの道をどう走行しても、そうは距離・時間とも変わりませんし、改めて高速道路に乗るほどでもございません。
焦らずゆっくり、楽しみながらお越しください。(またはお帰り下さいね)

塩山に寄り道しないで、大月ICから国道20号線〜新笹子トンネルを通って、勝沼ICへ向かうとインターチェンジ手前に、ぶどう寺と呼ばれる大善寺が直前にあります。




なぜ、ぶどう寺と呼ばれているかというと、葡萄の房を持った薬師如来が、ちょうど甲斐の国に来ていた、行基(僧侶)の夢枕に現れたことで、行基が葡萄の作り方を村人達に教えて、この勝沼一帯に葡萄が栽培されたという伝説があるからだそうです。

国宝の文化財が沢山ございますから、是非お立ち寄り下さい。

ぶどう寺 大善寺のホームページはこちら

そして、勝沼と言えば葡萄とワイン。





勝沼ICから甲州市塩山方面に向かう途中には、360度ぶどう畑に囲まれた小高い山の上に市営の「ぶどうの丘」があり、甲州市勝沼のワインが勢ぞろいしております。
天然温泉もあったり、ワインを楽しめるレストランもございますが、なんといっても圧巻なのは、甲州市推奨の約180銘柄・約2万本のワインを一同に揃えたワインカーヴ(地下ワイン貯蔵庫)です。

専用の試飲容器タートヴァン(有料:1100円)で全てのワインを試飲できます。
ソムリエ気分でお気に入りのワインを探してみてはいかがですか。

甲州市勝沼ぶどうの丘ホームページはこちら

また、甲州市勝沼だけでも30社以上のワイナリーがございますので、ワイナリー巡りをしたり、ワイナリーのレストランやカフェを楽しむの楽しいですよ。




ぶどうの丘から国道20号線に戻らずに、甲府方面に向かうと「葡萄工房 ワイングラス館」があります。お気に入りのワイングラスなどをみつけるのも楽しみです。

葡萄工房 ワイングラス館のホームページはこちら

ここから更に北上すると、恵林寺や枯露柿で有名な甲州市塩山。
西の方向へ向かうと石和温泉があって、その隣が甲府市湯村温泉になります。


============================================
 甲府湯村温泉の源泉かけ流しのホテルなら湯村ホテルへ
              公式ホームページはこちら
              モバイルページはこちら
              無料資料請求はこちら
              24時間オンライン予約はこちら
              湯村温泉/甲府 ホテル/甲府 温泉
              お気軽にお電話を 055-254-1111
              e-mailyumura-h@aurora.dti.ne.jp
============================================

▲PAGE TOP

最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS