シャトー酒折の土筆


湯村温泉から東へ6キロ位。
梅園の不老園の少し先。
小高い丘の上にあるのがシャトー酒折です。

ただ今、丘に登る道の両脇には、土筆とヨモギがたくさん生えていました。



シャトー酒折の入口のステンドグラスは、ワイナリーとはちょっと雰囲気の異なるデザイン。

これは、酒折が連歌発祥の地として古事記に登場しているからだそうです。
不老園を少し南に下ったところにある酒折の宮には、こんな伝説が残っています。

古代史の英雄、ヤマトタケルノミコトが東征の帰途甲斐の国酒折宮で野営なされたとき、 旅情を慰め「新治筑波を過ぎて幾夜寝つる」と歌で旅程をお尋ねになったが、誰もお答えできませんでした。 その時お傍で火を炊いていた老翁が「かがなべてよには九夜ひには十日を」と[かひ(甲斐)] の文字を折り込んで当意即妙に歌でお答えしたので、 ミコトは大層その老翁をお誉めになり東の国の国造になされたということです。

シャトー酒折のHPより抜粋

これが日本で最初の連歌だったそうです。



============================================
 甲府湯村温泉の源泉かけ流しのホテルなら湯村ホテルへ
              公式ホームページはこちら
              モバイルページはこちら
              無料資料請求はこちら
              24時間オンライン予約はこちら
              湯村温泉/甲府 ホテル/甲府 温泉
              お気軽にお電話を 055-254-1111
              e-mailyumura-h@aurora.dti.ne.jp
============================================

▲PAGE TOP

最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS