ホタルが生息できる条件とは?


コンクリートの水路でもホタルの生息出来る条件をみたすと、蛍が住み着く事が出来るとのこと。

常時5cm〜15cm位の水が緩やかにながれていること。
水温が26度を越えない事。
幼虫の餌になるカワニナが沢山いること。
カワニナが住めるには、極端な清流でなく水藻なども生え、泥や砂があること。
ホタルの幼虫が隠れられる、石などがあること。
蛹になるために近くに田んぼや畑があること。
ホタルになってから羽を休める草があること。
夜は街路灯などがなく暗くなる事。

うーん、案外湯村ホテルの駐車の裏を流れる用水路は、条件があってるな〜

そういえばカワニナ最近いない。
外来の蜆が大量発生した時期があるから、生態系がくずれたかな。

よし、まずはカワニナを増やしてみるか!

ホタルは割と近所の公園の近くの用水路にもいるので、水は問題ないだろうし、元々湯川や支流にはホタルが沢山いたわけだしね。

3年計画でホタルの生息環境作りにチャレンジしてみよう。


============================================
 甲府湯村温泉の源泉かけ流しのホテルなら湯村ホテルへ
              公式ホームページはこちら
              モバイルページはこちら
              無料資料請求はこちら
              24時間オンライン予約はこちら
              湯村温泉/甲府 ホテル/甲府 温泉
              お気軽にお電話を 055-254-1111
              e-mailyumura-h@aurora.dti.ne.jp
============================================

▲PAGE TOP

最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS