ホタルの舞うような 〜蛍橋〜
現実的には無理だろうと思っていたこの案。


写真はイメージです。

湯川橋周辺をホタルの舞うような・・・・
現在の自治会館とホテル吉野の間の名前のない橋を蛍橋に・・・

どうやらそうでもない環境のようです。

なんと、当館の少し川上にある湯川橋より下流の新湯川橋(第二湯川橋)周辺で、今年蛍が大発生中のとことです。

丁度、カーブになっているので、塩澤寺から第二湯川橋の間には、何箇所か土石が溜まる場所があり、丁度川の両側に小さいながらも畑が残っているこのエリアに、ホタルの幼虫が住みつき、石垣を這い上がって畑で蛹になって羽化したものと思われます。

蛍の餌になるカワニナはミヤイリガイと同じ環境に生存出来るので、湯川の水質で十分OKという事が判りました。
蛍の幼虫が隠れられるようにしておくと、川の流れが急になっても持ちこたえ、あとは蛹になる土が川の両脇にあれば、ホタルは自然に住み始めると言われております。

今夜さっそくチェック。

場所はこの辺りと思われます。

大きな地図で見る

============================================
 甲府湯村温泉の源泉かけ流しのホテルなら湯村ホテルへ
              公式ホームページはこちら
              モバイルページはこちら
              無料資料請求はこちら
              24時間オンライン予約はこちら
              湯村温泉/甲府 ホテル/甲府 温泉
              お気軽にお電話を 055-254-1111
              e-mailyumura-h@aurora.dti.ne.jp
============================================

▲PAGE TOP

最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS