ウスバカゲロウ参上
アリジゴクから土まゆになったのが



6月の初旬。

それから2週間〜3週間経過すると
こんなウスバカゲロウというのになります。



たった1日しか生きないと言われております。
トンボ系のカワゲラやトビゲラのようなこの手の虫は、虫の中でもご先祖様的な連中です。

殆どは幼虫の時には川や沼などの水の中で過ごしますから、アリジゴクの姿で水の無い砂で育つウスバカゲロウは珍しいですね。
繁殖して産卵するときは川に飛んでって、卵も川に産み落とすみたいです。
幼虫は川から陸にあがって巣をつくって、アリなんかを食べて大きくなる。

そして、砂粒で隠した繭をつくる。

よく出来てますよね。
まったく無駄がない。
すばらしいです。


============================================
 甲府湯村温泉の源泉かけ流しのホテルなら湯村ホテルへ
              公式ホームページはこちら
              モバイルページはこちら
              無料資料請求はこちら
              24時間オンライン予約はこちら
              湯村温泉/甲府 ホテル/甲府 温泉
              お気軽にお電話を 055-254-1111
              e-mailyumura-h@aurora.dti.ne.jp
============================================

▲PAGE TOP

最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS