明日はやくじぞうさん
明日2月13日と14日は湯村温泉にある塩澤寺で、年に一度の厄除け地蔵尊大祭(通称やくじぞうさん)が開催されます。

これはあんまり知られてませんが、塩澤寺には2体のご本尊がありまして、ひとつは湯村温泉の開湯伝説にある弘法大師(空海)が808年に彫った石地蔵で、大きさ6寸(約18cm)の秘仏。普段は山門の右手の本堂にございます。小さな厨子に入っていて、扉は固く閉められており、ご住職が年に数回綺麗に手入れする時しか開けないのだとか。



そしてもう一つは、2m位ある大きな石地蔵で空也上人が彫ったと伝えられており、山門をくぐり石段を昇った正面の地蔵堂に安置されていて、普段も格子越しに拝観することができます。
殆どの方がこの大きなお地蔵さんを厄地蔵だと思っておりますが、実際は明日見ていただくと判りますが、大きな地蔵の膝の上に乗る、小さな厨子の中にいるのが厄地蔵さんで、注意してみると、厨子の扉がすこ〜し開いています。



この2月13日正午から14日正午までの間だけ、秘仏を本堂から地蔵堂に移す行為を「お練り」といい、すこ〜し扉が開いているということから、参拝客の願いや悩みをお地蔵様が聞いてくれる(耳が開く)という言い伝えになったと言われております。



もちろん、どちらもありがたいご本尊ですが、厄地蔵さんのお祭りの日の主役は、大きなお地蔵さんのお膝の上の箱に入った18cmのちっちゃいお地蔵さんなんですね。


============================================
 甲府湯村温泉の源泉かけ流しのホテルなら湯村ホテルへ
              パソコンサイトはこちら
              スマホサイトはこちら   
              ケイタイサイトはこちら
              湯村温泉/甲府 ホテル/甲府 温泉
              お気軽にお電話を 055-254-1111
              e-mailyumura-h@aurora.dti.ne.jp
============================================

▲PAGE TOP

最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS